即日融資 職業・属性

自営業者は即日融資を受けられるの?方法や注意点を紹介

更新日:

事業を続けていくには、継続的に収入を得る必要があります。しかし、自営業者は収入が安定しないことも多く、資金のやりくりに困ることが珍しくありません。
そのような場合は資金を調達する必要があるので、金融機関に融資を申し込むことを検討するのが一般的です。特に支払いの期限が迫っていて、すぐに資金が必要である場合は、即日融資を受けたいと考えるでしょう。

そこで今回は、自営業者が即日融資を受けるのに役立つ情報を紹介します。

 

銀行カードローンや消費者金融は自営業者でも利用可能?

そもそも自分が銀行カードローンや消費者金融の対象になるのか心配な人もいるのではないでしょうか。自営業者でも、本人の収入が安定していれば利用は可能です。

ただし、収入以外にも条件もあるので事前に確認しておく必要があります。

 

自営業者はどういう人?

最初のステップとして、自分が自営業者に該当するのか確認しておきましょう。自営業者とは、自分で事業を営んでいる人のことです。
よく個人事業主と混同されますが、そちらは法人化していないのに対して、自営業者と表現するときは法人化している場合もあります。

 

自営業者によって立場はいろいろ

配偶者と事務所を経営している場合や、アルバイトを雇って店舗を開いている場合など、自営業者が事業を行うスタイルはさまざまです。利益が出て法人化を検討している場合もあれば、赤字がずっと続いて廃業を検討している場合もあります。

 

フリーランスは自営業者じゃないの?

事務所や店舗を設けずに仕事をする人のことを「フリーランス」と呼ぶことが増えました。誰にも雇われずに自分で事業を行っていることに変わりはないので、フリーランスも自営業者に該当します。

 

一般的な手段で自営業者が即日融資を受けるのは困難

事業資金の融資は銀行に申し込むのが一般的です。しかし、即日融資を受けたい場合は、適切な方法とはいえません。

融資が認められる場合でも、それまでに手続きの時間が長くかかってしまうからです。そのため、他の方法を考えるのが得策といえます。

 

時間がかかるのは稟議書が銀行内を巡るから

手続きに時間がかかるのは、銀行内で多くの担当者の間を稟議が巡るからです。支店から本店に渡るだけでなく、同じ店の中でも部署間を行き来することになります。手続きや承認待ちの連続になるので、即日で終わる見込みは少ないです。

 

審査は甘くない!待ったあげく落ちることも

即日融資は諦めて、しばらく待とうと考える人もいるでしょう。しかし、1カ月以上待たされたあげく、審査に落ちてしまうこともあるので注意してください。銀行融資の審査は、決して甘くないことを認識しておくことが大切です。

 

自営業者でも即日融資を受けられる銀行カードローン

銀行カードローンによる即日融資を実施している銀行があります。大手では三菱東京UFJ銀行三井住友銀行などが有名で、自営業者であっても審査に通れば利用可能です。振り込みやカード発行という形でお金を受け取ることになります。

 

自営業者が利用するときの条件は?

満20歳以上であること日本に住んでいること安定した収入を継続して得ていることなどが、銀行カードローンを利用する条件です。さらに、保証会社が提供する保証を受けられることが条件になっている場合もあります。

 

収入が安定している証明は必要なの?

一般的に申し込みのフォーマットには収入の記入欄がありますが、安定した収入を証明する必要があるかどうかは銀行によって異なります。証明する資料をそろえるのに時間がかかりそうな場合は、証明が不要な銀行を選ぶと良いでしょう。

 

利用するときは銀行ごとのルールに注意

銀行カードローンの即日融資を受ける場合、銀行によっては細かなルールが設定されているので注意してください。たとえば、運転免許証を提示しないとカードを受け取れなかったり、振り込みの対象が普通預金口座に限定されたりしています。

 

自営業者でも即日融資を受けられる消費者金融

アコムプロミスといった大手をはじめ、即日融資に対応している消費者金融は多いです。

ただし、銀行カードローンと同様に、満20歳以上であることや安定した収入があることなど、消費者金融の定める条件をクリアしないと利用できません。

 

即日融資を受けるなら上限に注意!

消費者金融の融資の特徴として、金額に上限が設けられていることが挙げられます。総量規制という決まり事により、上限が年収の3分の1に定められているのです。他社からの借り入れ金額との合計が、この金額以下になる必要があります。

 

自営業者は何を提出すれば良いの?

被雇用者の場合は、雇用先から渡される源泉徴収票を提出することで収入を証明するのが一般的です。消費者金融によって違いがありますが、自営業者はその代わりに確定申告書や課税証明書といった収入が記載された書類を求められます。

 

振り込みとカード発行のどちらもOK

消費者金融の即日融資は、銀行カードローンより融通が利くメリットがあります。銀行カードローンは、振り込みかカード発行のどちらかしか対応していないケースが珍しくありません。

しかし、消費者金融の多くは振り込みも可能ですし、カード発行も自動契約機で行えることが多いです。

 

即日融資を受けたい自営業者は審査の通過が必須!

即日融資の申し込み先が銀行であっても消費者金融であっても、審査に通らなければ話になりません。銀行の場合は保証会社に審査を任せるのが一般的であるのに対し、消費者金融の多くは自社で審査を実施します。

 

確実に在籍確認を行える!自営業者のメリット

審査で不利な点が多いと思われがちな自営業者ですが、実は被雇用者にはないメリットがあります。
それは勤務先の在籍確認を確実に行えることです。電話がかかってきたときに、他の人に任せることなく、自分が対応できるので安心です。

 

必要書類をそろえることが大切!

即日融資を受けるときのポイントは、抜かりなく必要書類をそろえることです。年齢や収入などの条件をクリアしていても、求められた書類を提出できなければ融資は受けられません。
特に、役所の受付時間が終わると発行できなくなる書類には注意しましょう。

自営業者は審査が通りにくいの?

自営業者は審査が通りにくいと思って、心配になる人も多いのではないでしょうか。収入が不安定になりやすいのは確かですが、いろいろな面を見て判断されるため、必ずしも通りにくいわけではありません。

収入が多い被雇用者でも返済が遅い履歴がある場合は通りにくいです。申し込んでみる価値は十分あるでしょう。

 

情報収集が大事!参考になるコンテンツは?

即日融資の申し込みをする可能性があるなら、事前に情報収集をしておきましょう。銀行カードローンと消費者金融のローンを比較するコンテンツや、審査基準の例が挙げられているコンテンツなどに目を通しておくと参考になります。

 

早く融資を受けたい自営業者が注目すべきカードローン!

審査を待っている時間がないので、とにかく早く融資を受けたいというなら、ビジネスローンを利用するのも1つの手です。ビジネスローンは、事業資金として使用することも想定されている特別なカードローンです。

 

審査のスピードが違う?ビジネスローンと銀行融資

ビジネスローンは銀行融資より審査が早く終わる可能性が高いです。審査に必要な書類の違いを見ても、それは明らかです。

銀行融資は決算書や事業計画書といった事業の根幹に関わる書類が必要ですが、ビジネスローンは身分証明書や収入証明書といった簡単な書類がメインです。

 

ビジネスローンは手続きも早く終わる!

ビジネスローンは審査が早いだけでなく、手続きが手軽というメリットもあります。

銀行融資の場合は、銀行に行って事業内容などの説明をしなければなりません。ビジネスローンは公式サイトで申し込みをして、必要書類もそこで提出できるので、ネット上で手続きを完結させられます。

 

ビジネスローンも総量規制を気にしないとダメ?

ビジネスローンは総量規制の対象外であることも大きなポイントです。そのため、年収の3分の1までしか融資を受けられないという制限がありません。
多くの資金を必要としている自営業者にとって、非常に心強い存在といえるでしょう。

 

自営業者も十分チャンスあり!ビジネスローンで即日融資を実現

審査が迅速で手続きも手軽、さらに総量規制の対象外というビジネスローンなら、必要な金額を即日融資してもらえるチャンスが大いにあります。ただし、申し込むときは自分に合ったところをしっかり選ぶようにしましょう。

 

申し込み先の候補!最短で即日融資のビジネクスト

ビジネクストなら最短で即日融資を受けることが可能です。大手のアイフルグループなので安心感があり、最大1000万円まで利用できます。

 

申し込み先の候補!審査が早いビジネスパートナー

ビジネスパートナーは、融資は最短でも翌日になりますが、審査は最短で即日です。最大500万円まで融資を受けられます。

-即日融資, 職業・属性

Copyright© 即日融資まとめ隊 , 2018 All Rights Reserved.