即日融資 金額

即日融資で10万円は可能?申込のコツや注意点を解説!

更新日:

お金に困ったときに、すぐに調達できて便利なのがカードローンです。カードローンはインターネットからでも簡単に契約できるため、社会人や主婦、学生など幅広い消費者から注目されています。そして、手続きをスムーズに行えば、契約したその日のうちに借入を行える「即日融資」も可能なのです。

ただし、即日融資してもらうには正しい手順を踏まえて契約しましょう。この記事では、10万円を目安にカードローンで即日融資してもらう方法を解説します。

 

どうすれば10万円を即日融資してもらえる?

カードローンは時間と場所を選ばず契約を結べることで、幅広い消費者から重宝されています。

しかし、本当に10万円もの即日融資を受けられるのか、不安な人もいるでしょう。
即日融資の疑問や不安について答えていきます。

 

身分証明書は必要!10万円をすぐに借りる絶対条件

カード会社も銀行も、身元がはっきりしない人とは契約を結んでくれません。即日融資してほしいなら顔写真つきの身分証明書が必須です。

運転免許書パスポートといった「写真」「氏名」「住所」「生年月日」が分かる証明書を用意しましょう。

 

会社や家族にバレず借りられるのか

即日融資で不安なのが「会社や家族にバレる可能性」です。基本的に、カード会社や銀行には契約者への守秘義務があります。契約者の許可なく個人情報は明かされませんし、郵送されてくる書類も差出人を匿名にできます。

 

即日融資のための審査基準とは

カードローンの審査では「返済能力」を見られています。借金を踏み倒さず、完済してくれるかどうかが契約の鍵です。

ただし、審査基準は金融機関によって大きく異なります。審査を申込む前に、機関の特徴をチェックしましょう。

 

無利息で10~20万円は借りられる?

即日融資で10万円から20万円を借りたいなら、「審査基準のハードルが低い機関」「審査がスムーズな機関」を選んで申込みましょう。

銀行カードローンよりは、消費者金融がおすすめです。来店不要で申込めるのも大きなメリットです。

 

即日融資で銀行カードローンはおすすめできない理由

銀行カードローンだと即日融資の可能性が低くなるのは、審査基準のほか「口座」の問題があるからです。
銀行カードローンでは「銀行の口座がないとローンも申込めない」ケースが少なくありません。口座を開く手間がある分、即日融資は遠のきます。

 

融資額10万円を年利18パーセントで借りて毎月1万円返済するシミュレーション

10万円で金利18パーセントなら、年間1万8千円の利子が発生します。つまり、債務額の総計は11万8千円です。
そして、月1万円ずつ返済するなら、単純計算で12カ月あれば完済可能です。

融資額20万円を年利18パーセントで借りて毎月1万円返済するシミュレーション

20万円で金利18パーセントなら、年間3万6千円の利子が発生します。つまり、債務額の総計は23万6千円、返済に2年以上かかるなら27万2千円です。
そして、月1万円ずつ返済するなら、単純計算で28カ月あれば完済可能です。

 

即日融資に近づける!少額融資は審査に通りやすい

希望融資額が高くなるほど、金融機関からの審査は厳しくなります。
逆に、少額の融資なら即日融資の可能性は高まります。

 

希望限度額10万円程度なら契約は成立する?少額融資のすすめ

10万円程度の少額融資は、多額の融資よりも審査に通りやすい傾向があります。即日融資を目指すなら、少額で申込みましょう。

 

キャッシングにおける「少額融資」の基準はいくらまで?

少額融資に明確な基準はありませんが、一般的には10万円以下を少額融資と呼んでいます。10万円はおよそ、日本の一般家庭における1カ月の支出と同じくらいの額です。よほどのことがなければ、返済が滞る危険がありません。

 

少額融資の利息は高くなるって本当?

多くの金融機関では、少額融資になるほど金利が高くなります。そのため、最大金利の18パーセントに設定されるケースも少なくありません。ただし、すぐに返済すれば利息がつかないサービスも実施されています。

念のためキャッシングの融資枠だけ作っておく

クレジットカードやキャッシュカードでは、「融資枠」を作っておくのがおすすめです。融資枠があると、いざお金を借りたくなったときにすぐ融資してもらえます。後から審査を申込むより、手間が省けます。

ATMなら1万円単位での契約も可能

ATMによるカードローン契約も増えてきました。ATMで即日融資を目指す場合、1万円単位の少額から借りられる業者もあります。

 

10万円までの少額融資なら金融機関の審査は通りやすい?

金融機関が恐れているのは多額の融資を受けていた人が債務整理に踏み切り、完済してもらえなくなる状況です。10万円までの少額融資なら、まず債務整理される可能性がほとんどありません。月々の安定した返済が計算できるので審査にも通りやすくなります。

 

融資額に関係なくキャッシング審査の基準は変わらない

融資額によって金融機関が行う審査基準が変わることはありません。「少額融資だから書類に不備があっても大目に見てくれるだろう」という考えは危険なので、審査に落とされないよう入念に準備しましょう。

キャッシング審査では基本的に何を見られている?

キャッシング審査では「返済能力」「債務状況」「身元」を確認されています。返済能力と債務状況は密接に関わっています。多重債務を抱えている人は返済能力が低いといえるので、審査に通る可能性が低くなります。

少額融資は年収が低くても問題ないのか

融資額は「返済能力」を目安に決定するので、基本的に年収が高ければ高いほど融資額の上限も高くなります。ただし、収入が少ない人でも10万円程度の少額融資なら審査に通りやすくなるでしょう。

消費者金融の融資額は年収と関係がある

消費者金融において、融資額の上限は年収の3分の1が基準です。たとえば、年収300万円の人なら100万円が上限となります。このルールを「総量規制」といいます。

キャッシングでは総量規制は絶対ではない

総量規制は融資を受けたい人にとって、障害になりかねないルールです。しかし、消費者金融では総量規制の例外もあるので、借り入れ条件を確かめてみましょう。

少額融資なら収入証明書がなくても審査に通る

少額融資のメリットは「収入証明書がなくても契約を結べる」点です。そのため、失業中の人や専業主婦、学生でも少額融資を受けられる可能性があります。

少額融資でも在籍確認の電話連絡には注意しよう

審査では「身元」を確かめるため、自宅や会社に匿名の電話がかかってきます。少額融資でも在籍確認は行われるので、家族にバレたくない人は電話がかかってくる時間帯には家にいるようにしましょう。

派遣社員やアルバイト・パートでも在籍確認の電話はかかってくる

正社員でなくても在籍確認の電話はかかってきます。派遣やアルバイト・パートでも職場に連絡が入るので、注意しましょう。

金融機関から信用情報機関への確認も行われる

金融機関は、「信用情報」と呼ばれる消費者の債務状況を共有しています。審査では必ず信用情報機関にも連絡され、多重債務や債務整理の履歴をチェックされます。

ブラックリスト入りしている人は注意しよう

信用情報機関のスコアリングが低い状態を「ブラックリストに載る」といいます。ブラックリスト入りすると融資が受けられなくなるので、自身の債務状況は把握しておきましょう。

10万円の少額融資ならブラックリスト入りしていても問題ない?

ブラックリスト入りしている人にお金を貸さないのはあくまで会社判断であり、法律で決められたルールではありません。会社によっては信用情報に少々問題があっても、10万円程度の少額融資ならしてくれます。

信用情報に問題があれば審査申込もしない方がいい?

ブラックリストは永久に名前が残るわけではなく、一定期間が経過すると信用情報は回復します。また、ブラックリストをどの程度重要視しているかは会社によって異なります。お金を借りたいなら、まずは融資の審査を申込んでみましょう。

 

大手消費者金融系カードローンで10万円を即日融資してもらおう

大手消費者金融系とカードローン契約を結び、即日融資してもらうにはインターネット契約がおすすめです。銀行の営業時間内に手続きと審査が終われば、すぐ希望額を振り込んでもらえます。

 

即日融資に成功するには事前準備を徹底

審査書類に不備があれば、時間をロスして即日融資が難しくなります。審査に申込む前に準備を徹底しておきましょう。

申込み条件の確認や審査基準をチェック

消費者金融によって申込み条件や審査基準は変わります。収入証明書にせよ、「源泉徴収も提出するのか」「自営業の場合はどうするのか」など、細かく調べてから申込みましょう。

消費者金融系カードローンで用意する書類

消費者金融の審査では「写真付きの身分証明書」「収入証明書」が必須です。また、口座情報も必ず業者に伝えましょう。

在籍確認電話についての注意点

審査では在籍確認の電話が職場にかかってきます。鋭い同僚なら電話を受けたときに「ローンの申入れをしているな」と気づくでしょう。あらかじめ自分が電話を受けるようにするか、「しつこい勧誘の電話です」などの言い訳を用意しておきましょう。

 

消費者金融系と銀行系、どちらのカードローンが便利?

消費者金融系と銀行系のカードローンは金利や返済方式も似ているので、いずれが便利とは断言できません。しかし、審査基準に限れば銀行系の方が厳しくなります。

 

即日融資希望なら大手消費者金融にしよう

インターネット申込みがあり、審査に通りやすい大手消費者金融は、即日融資を目指す人におすすめです。また、期間限定で無利息キャンペーンなども実施されています。

即日融資にぴったりなアコム

アコムのカードローンは審査が最短30分で終わります。そのうえ、無利息キャンペーンもあるので、即日融資希望者向けの消費者金融です。

-即日融資, 金額

Copyright© 即日融資まとめ隊 , 2018 All Rights Reserved.