即日融資

終電に乗り遅れた!しかしも手持ちのお金がない!そんな時、深夜での即日融資は可能なの?

更新日:

友達と遊んでいたり、仕事で残業が長引いたりしたために、終電を逃して帰れなくなったという事態のときに困るのが手持ちのお金がない場合です。タクシーを利用したい、始発までどこかで時間をつぶしたいのに、お金がない場合は何もできずに途方にくれてしまいます。

そんな時に便利なのが金融機関でお金を借りる方法です。
しかし、消費者金融などの金融機関は深夜に即日融資は可能なのでしょうか。

今回は深夜に即日融資をする方法について紹介します。

 

キャッシングは深夜でもできるの?

消費者金融や銀行ローンは、通常9時から17〜18時までが平均的な受付時間です。店頭ではそのような時間帯ですが、消費者金融なの自動契約機の場合は、22時頃まで受付を行っています。そのため、その時間帯までに申し込みをして審査を通過すればその日に融資は可能ですが、基本的にどこの金融機関も深夜での申し込み対応は行っていません。すでにその金融機関の専用カードを所有している場合は、深夜に融資を受けることが可能な金融機関もあります。しかし、専用カードを所有していない人が新しいカードをつくることは不可能といってもいいでしょう。
色々な会社がwebでは24時間いつでも申し込み可能と宣伝していますが、それはあくまで申し込みの受付であって、深夜に審査をしてくれるわけではありません。深夜に申し込みをした場合は、早くてその日の営業開始時間である午前中からの対応になります。

 

深夜に消費者金融と契約はできない!

どこの金融機関も、申し込み受け付けは日付が変わってからは行っていません。そのため、各消費者金融の自動契約機もほとんどの契約機が22時までしか営業しておらず、深夜は自動契約機のある店舗は閉まっているため入室することもできません。ですから、深夜にどこかの消費者金融と契約をしてお金を借りるという、即日融資は不可能なのです。

唯一例外として深夜でも営業して即日融資の可能性がある金融機関もあります。それは闇金です。
闇金は金融に関する法律である貸金業法を無視して営業を行っているため、深夜でも営業をしているところもあります。

しかし、闇金は膨大な利息をつけて返済を要求する悪徳業者です。いくら終電を逃してしまい深夜にお金が必要だからといっても、一度でも利用すると取り返しのつかないことになります。

 

深夜にお金が必要なとき、どうする?

深夜にお金が必要となった場合、主にネット系の金融機関は24時間対応によって、深夜でも即日振り込みをしてくれる消費者金融会社もいます。融資の申し込みをすることによって、数秒で自身の口座に振り込みが完了し、コンビニのATMなどで融資されたお金を下ろすことが可能です。

しかし、所有している銀行口座が深夜でもコンビニATMで使用可能な場合に限ります。銀行によっては、あるいは平日は夜の0時までしかATMが利用できない銀行もあるので、何時までコンビニATMが利用できるか、事前に把握してなくてはいけません。

 

インターネット申し込みは24時間対応!

各消費者金融会社、銀行カードローン会社は、インターネットからも申し込みを受け付けています。各会社のホームページには申し込み専用ページがあり、そのページで必要事項をすべて記入すれば申し込みが完了します。

インターネットでの申し込みは24時間いつでも受け付けているため、自分の好きな時間、好きな場所からスマホなどから手軽に申し込みをすることができます。申し込みの必要事項を自分のペースで入力することもインターネット申し込みのメリットです。

 

インターネットで申し込んだ場合、どんな流れになるの?

インターネットで申し込んだ場合は、金融機関がその申し込みを確認次第、金融機関からメールや電話で連絡が来る仕組みになっています。深夜にインターネットで申し込みをした場合、営業開始時間の午前中には連絡が来ます。
また、申し込みの際に連絡方法である電話やメール、そして、金融機関の営業時間内の何時頃に連絡をすると都合がいいかなどの希望を伝えることも可能です。その後は金融機関の担当者とやり取りをして審査に入り、審査を通過すれば、融資を受けることができます。

平日に銀行口座に振り込んでほしいときは、その口座の振り込み可能時間である15時前に審査通過ができれば、その日に融資が可能です。後日、専用カードが郵送で送られ、それ以降は融資を受けられます。
15時以降に審査を通過した場合は、翌日の午前中に希望融資額振り込まれます。

自動契約機を利用すれば22時までに即日融資が可能で、自動契約機から専用カードを受け取り、それ以降は好きなときに融資が可能です。

最も早い申し込み方法はネットから!

少しでも早く申し込みをするには、事前に自宅や好きな場所でスマホなどからインターネット申し込みをする方法があります。

自動契約機で申し込む場合は、事前に必要書類などを用意し、最寄りの自動契約機まで必要書類を持参して、最初から申し込みをする必要があります。
また、申し込みの際は自動契約機の指示に従って、ご利用希望者の個人情報だけでなく、勤務先の情報なども入力しなくてはいけません。そのため、審査時間以外に必要事項の入力に時間を取られることになります。

しかし、ネットでの申し込みを事前に行っていれば、申し込みにかかる時間を短縮でき、自動契約機や店頭で行うことは専用カードを受け取るだけで済むのです。
また、必要書類の提示も、ネットで必要書類の画像をネットの申し込み入力ページから添付して送信することも可能です。

手間のかかる申し込みはネットで済ませることによって、スムーズに申し込みを終えることができ、即日融資までの時間をより短くすることができます。

 

急ぎの利用の場合は消費者金融と銀行カードローン、どっちを利用すればいい?

金融機関は、大きく分けて消費者金融銀行カードローンがあります。どの会社も金利など細かい違いはありますが、消費者金融と銀行カードローンではどちらが即日融資に素早く対応してくれるのでしょうか。

 

急な出費でお金が必要な場合は消費者金融を利用しよう

消費者金融と銀行系カードローンは、どの会社も即日融資が可能となっています。審査に必要な書類をしっかりと提示し、金融機関が規定している年齢制限、安定した収入さえあればどの金融機関でも即日融資を受けられる可能性は高いです。
そして審査にかかる時間も、消費者金融と銀行カードローンではそれほどの大差はありません。

しかし、比較してみると、銀行系カードローンは審査にかかる時間は最短で30分、長くて2時間以上となっています。それに対し、消費者金融の場合はどの会社も30分ほど、早いところだと20分ほどで審査が完了して即日融資が可能です。

そのため、急ぎの利用の場合は、消費者金融を利用したほうがいいでしょう。

 

深夜に申し込んで即融資を受けたいなら審査開始時間が早いところを!

夜中にネットで申し込みをした場合、その翌日に審査が始まります。深夜は消費者金融会社や銀行系カードローン会社は、営業時間が終了しているからです。
深夜申し込みの場合、営業開始前には申し込みをしたデータが届いているので、早い場合は営業開始される9時頃に審査開始です。ほとんどの会社が午前中の9時から営業を開始しているので、どこの消費者金融や銀行系カードローン会社も、審査は迅速に対応してくれます。

しかし、融資を希望する人が多いとされる給料日前の毎月20や25日前、あるいは週末は窓口が混雑している場合があるので、審査日は平日を選んだほうがいいでしょう。

 

特に審査時間が短いのはアイフルとモビット

消費者金融会社は、大手、中堅会社ともに審査にかかる時間が短いといわれています。その中でも特に審査時間が短いといわれているのが、アイフルモビットです。どちらも大手消費者金融ですが、審査時間は平均して30分、最短では20分ほどで審査完了となり、すぐに融資が可能となっています。

特にアイフルは大手消費者金融として利用者が多いため、どのようなタイプの利用者にも対応できる金融のノウハウが確立されているので、対応が早いといわれています。

-即日融資

Copyright© 即日融資まとめ隊 , 2018 All Rights Reserved.