即日融資

即日融資の申し込みの仕方!Web契約と無人契約機、両方で申し込むと良い?

更新日:

銀行カードローンの審査に通らないときには、次の選択枝として消費者金融があります。審査に通らない原因はさまざまですが、一般的に銀行カードローンよりも消費者金融のほうが、基準が柔軟になっているので審査通過の可能性は高いでしょう。
今はパソコンやスマートフォンなど、ネット接続環境を持っているという人がほとんどですので、インターネットから申し込みをする人が多いです。無人契約機を利用することでさらにメリットが大きくなることもあるので、ここで紹介します。

 

無人契約機はどのような場合に役に立つ?

無人契約機は「ローン契約機」「自動契約機」などさまざまな呼び方がされています。
大手消費者金融の中でも一番有名なのはアコムですが、アコムの無人契約機には「むじんくん」という名前がついています。プロミスではそのまま無人契約機と呼ばれているようです。会社によって固有名詞がつけられていたり、一般的な呼び方がされていたりしています。誰もいない個室で契約ができるので、誰にも知られることがないというメリットがあります。

現在はほとんどだれもが携帯電話を持っている時代になりましたので、このメリットは薄れてきています。携帯電話を持ってだれもいない場所へ行って、消費者金融に電話をすればだれにもばれずに契約ができるからです。

 

今でもまだ、無人契約機にしかないメリットはあります。それは、その場でカードを発行してもらって受け取れるということです。

即日融資をうりにしているカードローンは多いですが、実際にはいくつかの条件を満たさないと即日融資は受けられません。その条件を満たすことが、社会人の人にとってはなかなかに厳しいです。
一番重要なことは、銀行の営業時間内である平日の午後3時までにすべての手続きを終わらせなければいけないということです。振り込みの依頼はいつでもできますが、実際に口座に反映されるためには銀行の確認が必要になります。平日の午後3時を過ぎていたり、土日祝日だったりする場合には即日融資を受けることはできません。銀行の営業時間は午後3時までですが、その時間ぎりぎりに依頼をしても手続きが間に合わず、翌日の振り込みになってしまうこともあります。遅くとも午後2時までには依頼をすませておくのが理想です。

 

無人契約機を利用する場合には、この条件がありません。なぜなら、その場でカードを受け取ることができるからです。多くの無人契約機にはATMも設置されています。

しかし、無人契約機によってはATMが設置されていないこともあるので注意しておきましょう。ATMが設置されていない場合には、カードを受け取ってもすぐにはお金を引き出せません。その場合コンビニのATMを利用するのがよいですが、手数料がかかってしまうことはデメリットとなります。

 

無人契約機を利用すると即日融資を受けられる?

無人契約機を利用して即日融資を受けるためには、いくつかのポイントをおさえておく必要があります。しかし、インターネットからの申し込みや電話申し込みに比べると即日融資を受けやすくなることは確かでしょう。

 

無人契約機の営業時間は場所によって異なる

無人契約機の営業時間は会社によって、また同じ会社でも店舗によって異なります。
大手の消費者金融の場合、9時~21時までに訪れれば営業している可能性が高いでしょう。会社や店舗によっては8時から営業をしていたり、22時まで営業をしていたりします。

 

申し込みから融資までにかかる時間は?

大手の消費者金融の場合、申し込みから融資までにかかる時間は30分前後です。これには書類の提出の時間や本人確認の時間も含まれています。審査にかかる時間だけでいうと、もっと少ないでしょう。

インターネットから申し込みをした場合、申し込みフォームへの入力にかかる時間は人それぞれです。フォームを送信してから電話連絡が来るまでにかかる時間は、30分前後が目安です。

無人契約機の場合、書類の提出やオペレーターとの質疑応答の時間もかかりますので、30分よりも少し時間がかかることがあります。

 

必要なものは本人確認書類と収入証明書だけ?

大手の消費者金融で借りる場合、希望限度額が50万円以下ならば基本的に本人確認書類だけが必要書類です。すでに銀行カードローンから借りている人の場合、銀行カードローンでの借入額は総量規制の対象にならないので、希望限度額を50万円以下にしておけば収入証明書は不要となります。
希望限度額が50万円を超える場合、もしくは貸金業者からの借入総額が100万円を超える場合には収入証明書の提出が義務付けられています。

 

本人確認書類として使えるもの

本人確認書類として代表的なものは、免許証・パスポート・健康保険証です。住民基本台帳カードは廃止されましたが、その代わりにマイナンバーカードが使えます。マイナンバーカードを本人確認書類として認めている金融機関はまだ少ないですが、アコムなどの一部の金融機関では使えます。

2016年10月1日に犯罪収益移転防止法が改正されたことで、健康保険証などの顔写真がついていない身分証明証は1点のみでは認められなくなりました。「健康保険証+住民票」というように2点以上の提出が必要です。

学生証は顔写真がついていますが、基本的に本人確認書類としては認められません。日本には1万以上の教育機関があり、学生証はその教育機関が独自に発行しているものだからです。すべての学生証を金融機関が把握することは困難です。

収入証明書の種類

収入証明書にもさまざまな種類があります。代表的なのは源泉徴収票です。直近2カ月分の給料明細でも可です。自営業をやっている人は源泉徴収票や給料明細が発行されません。その場合は課税証明書や確定申告書のコピーを提出しましょう。そのほかには年金通知書、所得証明書などが使えます。

 

即日融資は在籍確認をクリアすることが重要ポイント

銀行カードローンであるか消費者金融であるかにかかわらず、在籍確認は必ずあります。ということは、在籍確認を無事にクリアできなければ即日融資は受けられないということです。いくつかの例外もありますので、ここで見ていきましょう。

 

在籍確認の意味

もしあなたがカードローンを返済できなくなったとき、最終手段として給料の差押さえをすることを会社は考えています。働いて収入を得ている人でなければ、給料の差押えはできません。そもそも、働いていて収入を得ていないならばどうやって借金を返済していくのかと疑問を持たれるでしょう。最も重要なポイントなのでその点はしっかりと確認をされます。

在籍確認はいつされる?

在籍確認がされるのは、比較的最終的な局面です。まずは申し込みフォームの内容を確認して、年収や勤務先などを確認します。収入面で問題がなければ、次は個人信用情報をチェックします。そこで過去に延滞を繰り返していたり、債務整理をしていたりすると審査にはじかれることがあります。最後の段階で、会社に直接電話をかけてその人が本当に勤務しているということを確認します。

具体的な在籍確認の方法

銀行カードローンの場合には、銀行名が名乗られることも多いようです。消費者金融の場合には会社名を名乗ってしまったら借金をするということがばれてしまうので、基本的には個人名や架空の名前で電話をかけられます。「○○ですが、○○さんはいらっしゃいますか?」というように電話がかけられるようです。
本人が電話に出たらそこでクリアですが、本人が出られないケースもあります。本人が出られなくても、「○○はただいま外出中です。」というような回答がかえってきたらその人が在籍しているということがわかるのでクリアとなります。

電話連絡の代わりに書類提出でもクリアできることがある

大手の消費者金融では、書類を提出することで在籍確認をクリアできることがあるようです。このことが公式ホームページに記載されているのはモビットのみです。
モビットでは「WEB完結」というサービスがあり、一定の条件を満たすことで在籍確認をなしにできるということが明記されています。

公式では明記されていなくても、プロミスやアイフルでも一定の書類を提出することで電話連絡を避けられるという口コミがあります。直近1カ月分の給料明細、社会保険の健康保険証などです。
これらの書類には会社名が記載されているので、その会社に勤めているということがわかります。

 

在籍確認を早く済ませる方法

在籍確認を即座にすませるには、直近1カ月分の給料明細と社会保険の健康保険証を提出することです。どちらか片方でも認められることがありますが、両方用意しておいたほうが確率は高まります。プロミスやアイフルでは公式サイトに明記されているわけではないので、絶対にそれらの書類を用意したら電話確認なしにしてもらえるかどうかはわかりません。
しかし、あらかじめコールセンターに電話をして事情を説明したら認められる可能性もそれなりに高いのではないでしょうか。

平日で会社に電話がつながるというのなら、基本的には在籍確認はすぐにクリアできます。なるべく会社に電話がつながりやすい時間帯を選んで申し込みをするというのも早く済ませるためのコツです。

 

余裕をもって申し込みをする

即日融資はいくつかのポイントをおさえておけば借りられる可能性が高いのですが、絶対に成功するというものでもありません。審査に時間がかかったり、審査に落ちたりしてもすぐに次の金融機関に申し込みができるように、余裕をもって申し込みをするようにしておきましょう。

 

無人契約機での即日融資をスムーズに受けるための方法

無人契約機まで行くことができるのなら、即日融資を受けられる確率はぐんと上がります。銀行が営業していない平日の15時以降や土日祝日でもすぐに融資を受けることができるからです。ここでは、無人契約機で即日融資を受けるときに知っておけばさらに取引がスムーズになる方法を紹介します。

 

20時までに訪れたらカードを受け取れる?

無人契約機は個室なので、先客がいたら待たなくてはなりません。
銀行の店舗にあるローン契約機はそれなりに利用者が多いようですが、消費者金融の無人契約機は基本的には空いているのではないでしょうか。先客がいる可能性も考えて、1時間くらい余裕をもって訪れるようにしておけば大丈夫です。ほとんどの無人契約機は21時までは営業をしているので、20時までに訪れるようにしておけばその日のうちにカードを受け取れるでしょう。

 

インターネットで申し込むのがオススメ

即日融資を受けられる可能性を上げるために、先にインターネットで申し込みをしておくことがおすすめです。
インターネットで申し込みをしてからすぐに無人契約機へむかってもよいですが、30分程度まって審査の結果が出てからのほうが確実です。大手の消費者金融は銀行カードローンに比べると審査通過の可能性が高いですが、それでも審査落ちの可能性は残っています。

 

ネット申し込み→電話で優先的に審査を実施してもらえる?

アコムやアイフルでは、インターネットから申し込みをした後にお急ぎ専用のフリーダイヤルに電話をすると優先的に審査をしてもらえるという口コミがあります。大手の消費者金融なら、どの方法で申し込みをしても比較的短い時間で審査の結果がかえってくる傾向ですが、特に急いでいる場合にはその方法を使ってみるとよいでしょう。

 

審査時間は最短で30分という意味?

公式サイトを見ると「審査時間は最短30分」などと書かれています。これは最短で30分程度という意味なので、長ければ1時間以上かかることもあるということです。特に過去に延滞をしている人など、属性に不安がある人の場合には厳密にチェックがされて時間がかかる傾向です。

 

無人契約機で申し込みをする時に必要になるもの

無人契約機で申し込みをするときにも、必要書類は変わりません。本人確認書類と収入証明書です。限度額50万円以下ならば収入証明書は不要ですが、用意できる人は持っていったほうがよいでしょう。場合によっては、提出を求められることもあるようです。
消費者金融の場合、会社の資本金の金額や従業員数のような細かい項目まで聞かれることは稀になるようです。勤務先の住所と電話番号は必ず必要になるので覚えていない人はメモしていきましょう。

 

本人確認書類は絶対に忘れずに!

会社の情報などは忘れていても、会社名と電話番号さえわかっていれば何とかなるものです。現在ホームページを持っていない会社はほとんど存在しないので、会社名と電話番号がわかればオペレーターが住所などを調べてくれることもあります。収入証明書についても、限度額を50万円以下にすることで不要にすることができます。

しかし、本人確認書類はなければ絶対に借りられないので、忘れずに持っていきましょう。

 

無人契約機で選ばれているのはこちらの会社のカードローン!

次に紹介するアコム、プロミス、アイフルの3社は大手3社と呼ばれており、信用がある会社です。どこの会社で借りるか迷ったらこちらのカードローンを選びましょう。

 

知名度の高さならアコム

大手消費者金融の中でも最も歴史があり、知名度が高いのがアコムでしょう。借入限度額が800万円と高めに設定されていることも魅力です。金利は3.0%~18.0%と平均的です。初回30日間の無利息期間がついています。

 

他社よりも金利が低いプロミス

プロミスの魅力の1つは、年4.5%~17.8%という他社よりもわずかに低い金利です。初回30日無利息を受けるためにはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要になるという点はやや手間です。

しかし、それほど難しい条件ではないので、ぜひメールアドレス登録とWeb明細利用の登録をして初回30日を無利息にしましょう。最高限度額は500万円とカードローンでは十分な金額です。

 

独立系消費者金融のアイフル

アイフルは大手3社の中では唯一どこの銀行グループにも属していない、独立系の消費者金融です。審査に通りやすいという声などがあります。資金力の面ではやや不安があるものの、利用者にとっては会社の資金力はそれほど重要なポイントではありません。サービス内容が充実しているという点のほうが重要です。金利は4.5%~18%、限度額は500万円と平均的です。

 

無人(自動)契約機で即日融資をすれば家族バレもない

カードローンはネット申し込みが一般的となったので、一昔前と比べると無人契約機の出番は少なくなりました。しかし、完全にネットで完結するという例はまだ少なく、郵送物やカードなどが自宅に送られてくるということもあります。無人契約機ならばその場で発行されるためカードが自宅に送られてくることはありません。

プロミスでは「WEB明細の利用」を選べますが、これを選んでおかないと明細が自宅に送られてきてしまいます。プロミスのようになんらかの設定が必要なカードローンもあるので、気をつけておきましょう。不安があればオペレーターに相談をしておけば間違いないです。無人契約機ではオペレーターと会話がつながり、気軽になんでも質問ができることもメリットです。

-即日融資

Copyright© 即日融資まとめ隊 , 2018 All Rights Reserved.