即日融資

今すぐお金が必要な人必見!収入証明書不要で即日融資を受ける方法!

更新日:

「今すぐお金が必要なのに、もう銀行では借りられない」というピンチにおちいったときに頼りになるのが、消費者金融のキャッシングです。

消費者金融のキャッシングには、審査にかかる時間の短さやその日のうちに融資が受けられるというだけでなく、50万円以下であれば、収入証明書が不要というメリットもあります。
とはいえ、消費者金融を利用することに不安を感じる人もいるかもしれません。こういった不安を解消するには、知ることが一番です。

そこで、このコラムでは、消費者金融のキャッシングで融資を受ける際の方法や注意点などを、できるだけ簡潔に紹介しています。急いでいるときこそ、まずは知ることから始めてみませんか。

 

消費者金融なら収入証明書なしで即日融資を受けられる!

収入証明書不要で即日融資を受けるには、消費者金融のキャッシングを利用するのが最も簡単な方法です。借入できる金額には上限(50万円)がありますが、収入証明書をすぐに用意できなかったり、ほかの金融機関に借入があっても融資を受けることができたりするという特長があります。

 

収入証明書が不要なおすすめキャッシングはここ!

収入証明書不要で即日融資が可能なキャッシングでおすすめなのは、プロミスアコムです。
プロミスとアコムでは、店頭での申し込みだけでなく、インターネットや無人契約機での契約が可能です。そのため、今すぐにでも融資を受けたいときには、とても便利な消費者金融となっています。

 

そもそも収入証明って何?

収入証明は、1年間(1月1日〜12月31日まで)に得た所得の額を証明することです。収入を証明する書類には、会社員などの給与所得者なら源泉徴収票、個人事業主なら確定申告書などがあります。

銀行などで融資を受けるには、これらの証明書が必要ですが、消費者金融のキャッシングで、収入証明書不要の即日融資を受けるさいには必要ありません。

 

源泉徴収票とは

会社員などの給与取得者は、所得税を給与から天引きされています。これが、源泉徴収制度です。この制度によって、給与取得者は毎年の確定申告を自ら行う必要がないというメリットがあります。

しかし、自分が一体どれくらいの所得税を納めたのかがわからないのも、納税者としては納得がいきません。そこで、年末になると、会社からいくら所得税を天引きしたかを知らせる明細書が渡されます。これが、源泉徴収票です。

源泉徴収票は、銀行などから融資を受ける際に必ず要求されます。ただ、消費者金融のキャッシングで収入証明書不要の即日融資を受ける場合には、源泉徴収票の提出を要求されることはありません。

課税証明書とは

住民税は、住民票のある市区町村が1年間(1月1日〜12月31日)の所得に応じて計算し、納税義務者に請求します。この住民税を納めたことを証明する書類が、納税証明書です。

納税証明書は収入の額を裏付ける資料として、銀行などから融資を受ける際に必要な書類の1つですが、消費者金融で収入証明書不要の即日融資を受ける際には要求されません。

2〜3カ月分の給与明細書とは

会社員などの給与取得者が銀行などから融資を受ける場合、収入を証明する書類の提出を求められます。源泉徴収票や課税証明書が一般的ですが、直近2〜3カ月分の給与明細書を要求する金融機関も少なくありません。
きちんと保管してあれば問題ありませんが、そうでない場合、勤め先に再発行を要求することになります。

しかし、その日のうちに発行してもらえるかわかりませんし、勤め先が休みの日であった場合は不可能です。一方、消費者金融のキャッシングで収入証明書不要の即日融資を受けるのであれば、給与明細書を求められることはないため、保管してなかったとしても心配いりません。

確定申告書とは

個人事業主が銀行などで融資を受けるには、確定申告書を提出する必要があります。確定申告書は、確定申告をした際に税務署に提出した確定申告書の控えのことです。

ただ、消費者金融のキャッシングで収入証明書不要の即日融資を受ける際には、確定申告書の提出は求められません。

 

収入証明書不要の消費者金融のキャッシングなら、給与明細書がいらない!

給与取得者の場合、銀行に融資を申し込んだら、直近数ヶ月分の給与明細書を求められたのに、どこを探しても見当たらないといったケースが考えられます。とくに、銀行は審査に厳しいため、書類に不備のある人にお金を貸してはくれません。

こういった事態に落ちいった際に利用したいのが、消費者金融のキャッシングです。収入証明書不要のキャッシングなら、給与明細書は必要ありません。
しかも、即日融資が可能なため、今日中にまとまった金額が必要な緊急時には、強い味方になってくれるカードローンです。

 

収入証明書を再発行するには

融資を申し込んだ金融機関から求められた収入証明書を保管していない場合、当該機関に再発行を要請する必要があります。たとえば、給与取得者の源泉徴収票なら所属している会社の総務部に、個人事業主の確定申告書なら税務署にといった具合です。
どちらも、要求すれば再発行は可能ですが、会社や税務署が休みであった場合、その日のうちにというわけにはいきません。

今日中にお金が必要であった場合、これでは困ってしまいます。そこで、こういった緊急時に利用したいのが、消費者金融の収入証明書不要のキャッシングです。即日融資も可能なため、収入証明書といった書類がすぐに揃えられなくても、その日のうちに融資(上限50万円)を受けることができます。

 

最も早く用意できる収入証明書とは

融資を申し込んだ金融機関から収入証明書を求められたのに、どこを探しても見当たらないというときに、最も早く用意できるのは、会社員の場合なら源泉徴収票かもしれません。
源泉徴収票は、所属する会社の総務部に申し込めば、すぐに再発行が可能だからです。

とはいえ、会社が休みであれば、即日再発行というわけにはいきません。お金は今すぐ必要なのに源泉徴収票は手に入らないといった事態におちいったときには、消費者金融の収入証明書不要で即日融資が可能なキャッシングが便利です。
収入証明書が不要なため、当然のことながら、源泉徴収票を要求されることもありません。

 

収入証明書なしで即日融資が希望なら、消費者金融のキャッシングがおすすめ!

銀行のカードローンは審査が厳しく、収入証明書不要で即日融資可能なキャッシングは多くありません。住宅ローンやマイカーローンといった、高額な長期の融資を受けるさいには良いのですが、普段使いのカードローンとしては、少し使い勝手に難があります。

そこで、少額の融資をすぐに受けたい場合には、消費者金融のキャッシングがおすすめです。消費者金融のカードローンは、収入証明書不要で即日融資も可能です。また、借り入れから返済までを無人契約機(ATM)で完結することができるのも、大きな魅力です。

 

消費者金融のカードローンなら、50万円までは収入証明書不要!

消費者金融のキャッシングの最大のメリットは、50万円までならば、収入証明書不要で即日融資が可能な点にあります。これは、どこの消費者金融でも同じです。また、50万円までしか借入できないため、借りすぎることがないという安心感もあります。

 

収入証明書不要のキャッシングはメリットが多い!

消費者金融の収入証明書不要のキャッシングには、収入証明書不要で即日融資というほかにも、いくつかのメリットがあります。たとえば、提出する書類が少なくてすみますし、手続きも簡単です。また、インターネットや無人契約機(ATM)で、誰とも顔を合わせることなく簡単に借入が可能なのも、メリットの1つです。

 

提出する書類が少なくて楽!

収入証明書不要の消費者金融のキャッシングに必要な書類は、基本的に本人確認書類(免許証・住民票など)だけです。これだけで、50万円までなら即日融資を受けられます。
こういった負担の軽さが、消費者金融の収入証明書不要のキャッシングを利用する最大のメリットです。

 

シンプルな手続きで、家族や会社にバレにくい!

銀行のキャッシングや50万円以上の消費者金融のキャッシングの場合、在籍確認が行われます。在籍確認というのは、融資希望者が申込書に記入した会社に本当に所属しているかを、銀行や消費者金融が電話をかけて確認することです。
もちろん、会社には在籍確認であることはバレないように行われますが、絶対に安心というわけにはいきません。

また、場合によっては、自宅への確認も行われます。シンプルな手続きですむ、収入証明書不要で即日融資が可能な消費者金融のキャッシングであれば、基本的に在籍確認は行われません。そのため、会社や家族にキャッシングの事実を知られる可能性は格段に低くなります。

 

誰にも内緒でキャッシングする際の注意点

収入証明書不要で即日融資が可能な消費者金融のキャッシング。そのシステム上、ほぼ誰にも内緒で借入が可能ですが、便利さゆえの注意点もあります。
たとえば、無人契約機を利用して借入を行う場合。無人契約機なら誰にもバレないだろうと思いがちですが、自宅や職場に近いATMでは、誰に目撃されているかわかりません。無人契約機を利用する際は、なるべく職場や自宅から離れた場所にある契約機を利用することを心がけたいものです。

また、インターネットの場合なら、作業中やプリントした書類などから家族にバレる可能性があることに、注意しておく必要があります。

 

収入証明書不要でもうそはダメ!

収入証明書不要で即日融資が可能な消費者金融のキャッシングですが、申込書には収入を記入する必要があります。この場合、収入証明書が不要なため、つい適当な額やうそを記入してしまいがちですが、これは絶対にダメです。
たとえば、返済ができなくなった場合に、あらためて収入証明書の提出を求められるかもしれません。ここでうそがバレると、もう二度と融資を受けられなくなりますし、その情報は信用期間を通じてほかの金融機関にも伝わります。

こうなると、住宅ローンやマイカーローンを組むのも難しくなるかもしれません。収入が少なくても借り入れは可能なので、収入は正直に記入しておくのが得策です。

 

即日融資を受けたいなら審査時間に注意しよう!

収入証明書不要で即日融資を受けるには、審査時間に注意する必要があります。消費者金融のキャッシングの場合、30分で審査を終えることも可能ですが、誰もが30分で終わるわけではありません。審査のスピードは申し込んだ時間によっても変わります。
たとえば、審査可能時間(消費者金融によって異なる)以降に申し込むと、審査結果が翌日に持ち越されることがあり、必ずしも、すべての人に即日融資が可能なわけではありません。

こういった事態を避けるためにも、即日融資を希望するのであれば、なるべく審査可能な時間までに申し込みたいものです。

 

プロミスなら審査結果が出るまで最短で30分!

収入証明書不要で即日融資が可能な消費者金融のキャッシングのなかでも、プロミス審査時間が最短で30分という速さを誇ります。もちろん、誰もが30分というわけではありませんが、本人確認書類に不備がなく、希望額が少額で審査可能時間までに申し込むことができれば、最短なら30分ほどで審査を終了させることも可能です。

審査時間が速ければ、その分だけ、融資を受けるまでの時間も速くなります。

 

アコムも最短30分の審査が可能!

アコムも収入証明書不要で即日融資が可能なだけでなく、最短なら30分で審査結果を受け取れます。そのために必要な条件は、プロミスの場合と変わりません。

 

50万円以上必要な場合はどうする?

50万円以上の即日融資を受けたい場合は、収入証明書不要というわけにはいきません。消費者金融には、貸金業法という法律によって、50万円以上の融資を行う場合、収入証明書を提出させる義務が課せられているからです。

そのため、50万円以上の借入を希望する場合は、必ず収入証明書を提出する必要があります。

 

50万円以上だと審査に時間がかかる

50万円以上の場合、収入証明書不要での借入はできないため、収入証明書が必要になります。そのため、提出された証明書の審査に時間がかかるため、消費者金融であっても、即日融資を受けられる可能性は高くありません。

 

50万円以上を収入証明書なしで借入れる方法とは

収入証明書不要で50万円以上の即日融資を受けるには、2社の消費者金融に同時に申し込むという方法があります。
たとえば、プロミスで融資を受けてからすぐにアコムに申し込んだとしても、50万円以下であれば問題ありません。

 

どうしても収入証明書が必要になる場合に備えておこう!

どうしても収入証明書不要で即日融資が受けられない場合に備えて、収入証明書の入手法を知っておく必要があります。
また、収入証明書は、給与取得者と個人事業者では、書類の種類と申請先などが異なるため、注意が必要です。

 

給与明細や源泉徴収票

会社員などの給与取得者が収入証明書不要で即日融資が受けられない場合、給与明細や源泉徴収票を提出して申し込むしかありません。もし、給与明細や源泉徴収票を保管していなければ、勤め先の総務部に申し込めば再発行してもらえます。

 

確定申告書

個人事業者などの確定申告が必要な人が、収入証明書不要で即日融資を受けられなかった場合、確定申告書を提出して収入を証明する必要があります。保管していない場合は、税務署に保有個人情報開示請求書を提出すれば、再発行が可能です。

 

納税証明書

収入証明書不要で即日融資が不可能な際に提出する収入証明書に、納税証明書があります。納税証明書は、税金の納付証明や滞納などがないことを証明する書類です。
保管していない場合には、国税ならば税務署、県民税ならば県税事務所、市区町村民税ならば各市区町村役場に請求すれば、再発行してもらえます。

 

コンビニで収入証明書を取得できる!

収入証明書不要で即日融資が受けられない場合に必要な収入証明書には、コンビニで発行可能な課税証明書があります。このコンビニ発行を利用すれば、市区町村役場が休みの日や窓口が閉まっていても入手可能です。

 

収入証明書を提出する際の注意点とは

収入証明書不要の即日融資が無理なときには、収入証明書の提出を求められます。この場合、必要な証明書は各消費者金融によって異なるため、ウェブサイトなどで事前にしっかりと確認しておくことを心がけたいものです。

-即日融資

Copyright© 即日融資まとめ隊 , 2018 All Rights Reserved.