即日融資 職業・属性

主婦でも即日融資を目指す!カードローンや銀行ローンの申込方法は?

更新日:

カードローンや銀行ローンの契約方法は簡単になっており、多くの人が手軽に即日融資を受けられます。しかし、専業主婦は審査に通るか不安になってしまいがちです。なぜなら、ローンの契約には「収入証明」が必須であり、自分がお金を稼いでいるわけではない専業主婦は不利になるからです。

ただし、主婦が契約する方法はゼロではありません。この記事では、専業主婦が即日融資を受けるためのコツや注意点について解説していきます。

 

スマホでも可能!主婦も自宅で即日融資してもらえるカードローンがある

レイクなどのカードローンは、来店不要で即日融資を受けられるサービスを実施しています。インターネットから契約を申込み、銀行の営業時間内に契約成立すればその日のうちに借入を行えます。
育児や家事に追われている主婦でも、空き時間を見計らって簡単に手続きできるでしょう。

 

どうやって契約する?本当に来店不要で融資を受けられるか

インターネットでカードローン契約をするときは、まず簡単な「審査」があります。簡易審査に通ったら専用サイトから個人情報を入力しましょう。給与明細や身分証明書も写真を送付するだけで確認してもらえます。
その後、入力情報を元にしてカード会社が本格的な審査を行います。問題がなければ契約成立となり、すぐにでも融資が受けられます。

ただし、情報に虚偽があれば審査に落ちてしまうので、入力は正確に行いましょう。

 

収入のない専業主婦がどうして審査に通るのか

主婦がパートやアルバイトさえ行っていない場合、カードローンの審査には通りにくくなります。自動車や自宅を担保に入れれば審査に通る可能性がありますが、名義が主婦本人になっていないと勝手に担保にはできないでしょう。
そこで、配偶者の収入でカードローンを申し込む方法がおすすめです。夫に十分な収入があれば、審査を通る確率は高まります。

 

カードローンで「銀行系」と「消費者金融系」はどう違う

カードローンには「銀行系」と「消費者金融系」があります。細かい違いはあるものの、もっとも特徴的なのは「総量規制の違い」でしょう。

消費者金融系は契約者が借入できるお金の上限に厳しく、収入がなければ審査を通りません。しかし、銀行カードローンは総量規制の対象から外れています。銀行の判断によって、無収入の主婦でも多額の借入が可能なのです。

主婦が借入するとき夫に協力してもらえることは 消費者金融の「配偶者貸付制度」は、夫の同意が必要なシステムです。そのため、主婦が借入を申し込むときは、夫の承諾を求めましょう。
あくまでも「承諾」であり、「保証」ではないので夫に迷惑はかかりません。とはいえ、「夫に内緒で借りる」ことができないのはネックです。

夫に借入を知られたくないなら、銀行カードローンがおすすめです。

 

即日融資ってどうやるの?店頭に行かなくてもできるのか

契約が成立しても本当に即日融資してもらえるかは不安になるポイントです。ここからは、即日融資の方法をいくつか紹介します。

 

カードローンは来店不要で借りられるのが普通

即日融資はインターネット申込と同時に行ってしまうのが一般的です。申込の際にあらかじめ初回融資額を設定しておくと、契約成立とともに登録した口座へと融資額が振り込まれます。

もちろん、契約成立してから店頭やATMに行って借入する方法もありますが、手間を考えると自宅からWEB借入する方がはるかに便利でしょう。

どうして来店不要で融資を受けられるの?

カードローンが来店不要で融資をするようになったのは、「契約者のプライバシー」を考慮しているからです。夫に内緒で借入をしたい主婦のように、カードローン契約者の多くが融資を受けている事実を他人に知られたいと思っていません。

万が一、店頭やATMにいるところを知り合いに見られたら大問題です。そこで、WEB申込による融資が主流になってきました。

 

専業主婦がよく利用しているカードローンは?

専業主婦は実際、どんなカードローンを利用しているのでしょう。ここからは、おすすめの契約先と特徴を紹介していきます。

 

収入ゼロの主婦でも申し込めるのは銀行カードローン

専業主婦は、消費者金融よりも銀行カードローンを利用する傾向があります。理由は、「収入がなくても審査に通りやすい」点です。
また、万が一、消費者金融とのやりとりが家族に見つかってしまったら、秘密にしておくのは困難です。銀行とのやりとりなら「勧誘にあっていた」など、言い訳がしやすいでしょう。

 

銀行カードローンもスマホで申し込める時代に

以前、銀行カードローンは「口座を開かないと申し込めない」「手続きに時間がかかる」なでのデメリットがありました。しかし、時代とともに契約方法はスムーズになり、スマホからでも簡単に契約できるようになっています。

忙しい主婦でも、自宅から借入を申し込めるので特に不便だと感じません。そのため、銀行カードローンに注目する主婦が増えてきています。

 

口座がないと来店をお願いされるケースも

銀行カードローンで気をつけたいのは「口座の必要性」です。銀行によっては、口座を開かなければローンの申込ができません。また、申込自体は可能でも来店をお願いされるケースがあります。

申込条件は銀行ごとにまったく違うので、事前によく調べましょう。忙しい人はなるべく自宅ですべての手続きを終えられるカードローンが理想です。

 

ネット銀行のカードローンが主婦におすすめ

主婦におすすめしたいのはネット銀行のカードローンです。通常の銀行カードローンと何が違うのか、詳しく見ていきましょう。

 

自宅から口座開設できる

ネット銀行のホームページから資料請求すると、必要な書類がメールで送られてきます。同時に口座開設の方法も記載されているので、指示にしたがって申込を行いましょう。

ネット銀行では口座開設までの工程がパソコンで行えます。当然、来店する必要はありません。

 

ネット銀行では自宅から即日融資可能

ネット銀行では、口座が開設されれば即日融資を受けられます。即日融資の条件は「契約成立した時点で銀行の営業時間を過ぎていないこと」です。そのため、手続きどおりに必要書類をそろえ、間違えないように入力や個人情報の送信を行いましょう。

書類が整っていれば、それだけ審査にかかる時間も短くなります。

 

【注意】申し込みにミスがあるほど審査が遅れる

「どうしても本日中にお金が欲しい」人は、申込を確実に行いましょう。カードローン審査は精密なプロセスです。書類に不備があれば、容赦なく再提出を求められます。そして、書類が整うまで例外なく口座は開設してもらえません。

一度ミスがあると、審査がゼロからにリセットされる恐れもあります。ここでは、申込でよくあるミスをまとめていきます。

 

身分証明書は鮮明に撮影する

ネット審査では身分証明書が重要視されます。そのため、身分証明書の写真を送付するときは「明に映っているか」「見切れていないか」を繰り返しチェックしましょう。また、写メールでありがちなのは「ピントがずれている」ことです。

身分証明書は内容も細かく確認されます。自分で見ていて「読みにくい」と感じるなら、撮り直したほうが無難です。

 

どんな身分証明書が理想?

身分証明書は「顔写真があること」が大前提なので、パスポートや運転免許書を撮影するのがおすすめです。

理想的な身分証明書はまず「まっすぐ映っている」ことです。斜めに映っている写真は確認しづらいので、送付しないようにしましょう。
また、「顔写真」「氏名」「生年月日」「住所」を担当者は注視してきます。写真を撮ったら、これらがはっきりと映っているかをチェックしましょう。

 

専業主婦が来店不要で融資してもらえるネット銀行カードローンは?

専業主婦でも即日融資を期待できるネット銀行カードローンが「ソニー銀行カードローンMONEYKit」です。低金利、即日融資をモットーにしているので、早くお金を借りたい人におすすめです。

イオン銀行の口座があれば即日融資の可能性が高まる「イオン銀行カードローン」もまた、主婦に優しいカードローンといえるでしょう。

 

楽天銀行スーパーローンも来店せず契約できる

楽天銀行スーパーローンも、来店不要で即日融資してもらえるカードローンです。また、自宅に一切書類が郵送されてこないのも大きなメリットといえます。

楽天銀行スーパーローンは融資額が少なくなるほど審査が早くなる特徴があります。そのため、即日融資を急いでいる専業主婦は、とりあえず融資額を抑えて申し込むのがコツです。

-即日融資, 職業・属性

Copyright© 即日融資まとめ隊 , 2018 All Rights Reserved.